亀梨和也に一途な恋

亀梨和也くんへの愛は深まっていくばかり

Entries

大当たり

産経新聞社が発行する「夕刊フジ」の公式サイト
ZAKZAKの「芸能」ページの
”TV視てますか?”という連載で、嬉しい感想が

KAT-TUNの亀梨和也主演「東京バンドワゴン 下町大家族物語」を
見ながら、改めて思う。日テレの土曜ドラマって、外れもあるけど
たまに大当たりがあるなぁ(あくまでオヤジ的にはの話だけど)

今回は大当たり、三重丸のクチ(世間的にはそうでもないかもしれなくて
少なくとも視聴率的には毎回1ケタと苦戦しているようだけど)
このままだとヤバイので、土曜ドラマの名作(で数字はさっぱり)の
「Q10(キュート)」や「泣くな、はらちゃん」と同じく
早めにラブコールを送っておこうと思う。
なにしろこのドラマ、「ラブ」がテーマらしいから。

亀梨クンの父親で伝説のロッカーに玉置浩二がふんしている。
このヘンテコ親父の口からことあるごとに「ラブだね~」という台詞が聞かれる。
この台詞、最初に聞いたときはスベリ気味の感なきにしもだったが
回を追うごとに、フィット感抜群となってきたから不思議だ。
「東京バンドワゴン」という名の古本屋兼喫茶店を舞台にしたこのドラマの
全体から醸し出される「下町」の「大家族」の空気感としっくり合っている。

そのマジックが最初に発揮されたのが、初回のクライマックス。
突然、下町の空気を引き裂くような大音響が鳴り響き
皆が何事かと表に出ると、発信源は近所のビルの屋上。
クレーンカメラがビルの屋上のさらに上まで競り上がり、俯瞰すると
そこには頭にバンダナを巻いた玉置浩二が安全地帯を率いて
愛の歌をうたっていた!! 
ビートルズのドキュメンタリー映画「レット・イット・ビー」の
ラストシーンよろしく…。
なんという大スペクタクル撮影。

フィルムっぽい画質もすてきな空気感を生んでいる。
明るい画質しか受け付けない向きにはツライかもしれないが
朝ドラの「ごちそうさん」ではなく
秀作「カーネーション」に近いようだ。(新橋のネクタイ巻き)

【TV視てますか?】-ZAKZAK

それと、30日の読売新聞夕刊に
”秋の連ドラ 記者座談会”が載ってて
星取表で、「東京バンドワゴン」5位だった~
20131030読売新聞

「東京バンドワゴンは下町のほのぼのした人情に癒されるなぁ
亀梨和也が、複雑な生い立ちや
女性への屈折した感情を自然に演じていていいね」

星2つの記者さんもいて
それぞれの感じ方があるのは仕方のないこと
でも、ジャニーズ主演ドラマだからと見ない人がたくさんいるなら
とりあえず、見てもらって、感じて欲しい

東京バンドワゴン公式ツイッター


拍手ありがとうございます

ジャニーズブログランキング

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

aki

Author:aki
ごくせん同窓会SPから亀梨和也さんを一途に想ってます
亀ちゃんに恋してます
ブログは亀ちゃん中心だけどKAT-TUNが大好き
いい歳した大人ですが宜しくです

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

Kame's Birthday

Anniversary

Jnews

シンプルアーカイブ

右サイドメニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Welcome♪

QRコード

QRコード

検索フォーム